ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2011.08.28 Sunday

ランナーの整備(久々)

RUNNERちゃんの健康診断と修理で(株)ベスパさんに入庫です。

走行距離は3,300km前回の基本整備から2,000km走行しました!

夏場はキャブセットが合うらしく絶好調でーーす!

日常使い〜ツーリング〜サーフィン(ショップピックアップ)まで大活躍です。

今回は燃料ラインからガソリンの漏れが発覚、原因はホースの劣化です。交換です。良かった・・・。

それから、マフラーを今のチタンチャンバーノーマルマフラーに戻します。

理由は音!!それとピーキーさ・・・。

ショップのメカさんが言うとおり、「皆さん、チャンバー入れてもノーマルマフラーに戻りますよ」その通りでした。

そもそも、ランナー購入は「2stエンジンを知る!」という目的で購入しましたが、「チャンバーとは何ぞや?」という事も知れたし、役目は終えました。レース等で特定域のパワーを引き出す事を目的とするならチャンバーは絶対的ですが、街乗りでは使い勝手が悪いですね・・・。
とにかく「うるさい!」につきます。深夜走行は本当に申し訳ない。
歩道で赤ちゃんが泣いたときは本当に止めようと決意しました。
チタンチャンバーはヤフオク行きです。ありがとう。。
コレが高値で売れますのでね〜。(笑)

それから、マロッシハイギヤをようやく入れます。(要はロングへ)
私のは125ccのギヤ比なので高速が辛かったのですが、マロッシのハイギヤを入れたら解消されます。焼きつき防止。

これで1○○km/hで、高速巡航もできますね。

駆動系はベルトを交換します。

トルクカムとデルタクラッチの導入は悩み中です。

マロッシのマルチバリエーター、リードバルブ、CDIは入れていますので。

どうするか??

出だしの改善にはデルタクラッチ

中間加速(アクセルのツキ)改善にはトルクカム

日常使用域での分かりやすさはデルタクラッチかな?

後は、光軸調整ですね。。HIDとETCは欲しいなぁ。

イタスクですから、2,000km毎に基本整備は義務付けます。

今回もフルコースの基本整備と安全チェックを実施します。

安全に乗るには、定期的な基本整備が不可欠ですね。

使い方にもよりますが、車検毎なんて怖すぎる・・・。

筑波を走るようになってさらに思います。

Y隊長
2011.07.28 Thursday

ランナー整備

8/3にランナーを入庫します。
基本整備とチューンナップです。
前回から2000km走りました。走行距離は3000kmをこえました。

チューンナップ項目は、

1.ハイギヤに交換→ロングになります。高速巡行が楽になります。というよりも焼き付き防止です。(120〜130km/h巡行ができて焼き突かない)今は110km/hで回転数が上がりまくり。怖いです。

2.デルタクラッチ導入→加速up。さらに速くなるそうです。竿立ちがさらに簡単になります笑

3.トルクドライバー導入→中間トルクup。開け始めでツクそうです。開け始めの2st特有のツク感じが好きです。


4.ノーマルチャンバーに戻す→理由はチャンバーが都内では厳しい現実を感じたからです。冷たい視線に耐えれません。汗


5.後は、エンジン、駆動系、キャブ、足回りの基本メンテナンスです。

2000km毎に入庫したらまず故障は無いそうです。ハイスペックマシンだからこそメンテナンスは大切に考えて乗ります。


とにかくランナーはとても独特なスクーターです。ある意味市販レーサー的仕様と言っても良いです。

Specだけで見ても現代において市販化は絶対に無理でしょう。
シグナルスタートでは未だ負けなし周りは意味不明状態です。

そして乗れば乗るほど味が出ます。2st特有の心地良さがあります。トルク感や吹け上がり感、加速感…直線で楽しくなれるエンジンフィーリング。最新型にはもう未来永劫ない感覚です。だから大事に乗りたいと思います。


峠に行く事は年に4〜5回でしょうが、ツーリングの味わいはサーキットでは感じる事が出来ない良さがあります。

来月、久しぶりにバイクリターンの友と走りに行きます。
その前において行かれないように、ちゃんと整備しておきます。

ターンパイク以外であれば、周囲のスーパーSSがヒクような熱い走りができますからね。ふふ。

楽しみにしています。

後は、HIDとETCつけます!

今の所、やはり都内最速です。

Y隊長


2011.04.23 Saturday

新生ジレラランナー

(株)ベスパさんで ジレラランナーFX125改(2st) の車体関係のフルオーバーホールを依頼しました。




※下記整備内容

・ハンドル周り分解・洗浄・グリスアップ 基本ですよね!
・フロントフォーク(F32S)フルオーバーホール(インナーチューブ交換・シール関係含む) やはり安心できないと攻められません。
・ブレーキパッド F・R交換
・ブレーキフルード F・R交換
・ウェーブブレーキローター交換(マロッシ)
・キャリパー分解清掃 F・R

・駆動系分解洗浄整備
・マルチバリエーター(マロッシ) 加速激変
・CDI交換(マロッシ) 高回転の伸び激変(マルチバリエーター入れたので高回転も吹けるように)
・カーボンリードバルブ交換(マロッシ) 中間加速(ツキ)激変
・ケブラーベルト 命綱
・クラッチスプリング スタートダッシュ
・キャブ調整(ミクニTM24) 味わいのトータルコーディネートさん
※全域でバランスよく速くしました。
後やるならトルクドライバーとデルタクラッチ。
それは先で良いですね。


・クーラント入れ替え(new)
・2stオイル入れ替え(new)
・ギヤボックスオイル交換
・エアクリーナー交換
・インマニ交換

・フロントタイヤ交換(TT90 120/70-13)ランナー最ハイグリップタイヤ
・リヤタイヤ交換(HOOP 130/60-13)ランナー最ハイグリップタイヤ

・エンジンハンガー部分分解整備グリスアップ ランナーウィークポイント 運動性能に寄与

上記、整備費用込みで合計 228,481円

その後、
追加部品が3点ほど出ました。
1・エキゾーストガスケット交換
  (マフラーを外したら純正と同じ物と使用していた為交換致しました。)
2・クラッチクーリングファンの追加
  (純正品でノーマル180ccの物を流用しました。
   駆動系の放熱効果が得られます。)
3・左側フロントフォークインナーチューブ交換
  (錆びがやはり深く入っているのと1箇所飛び石かでヘコミ部分が
   ありました。今後漏れる可能性が高いので交換致しました。)

全部で合計金額が税込み¥242.971-になります。



※パーツ代

・チャンバー(ストラトス)
・フロントサス(マロッシ定番 F32S)
・リヤサス(マロッシ定番 RS24)

等入れたりすると、

車体価格+パーツ代+整備代で、合計70万円〜80万円もかかってしまった!!(滝汗)


結局、T-MAX並みの高級スクーターじゃないですかぁ!(涙)
しかし、過去にT-MAX乗っておりましたが奴はダメダメでした。。
フィーリングもつまらんし、何せキビキビ走れないです。
重たい。。
結構残念なバイクでしたね。私的には。
(私の今の価値観ではさらにそう思います)
そう考えると私は手がかかるけど、ランナー君が好きです。


しっかし、もうこれでランナーのパーツは十分。
M696はオイルクーラー購入でしばらくokです!
次ぎやるとしたら、限界感じたときのオーリンズリヤショックでしょうか?
さてさて、しばらくパーツ熱は冷まして我慢します。


あっ、忘れていた、、そうだった・・・。
メカのお勧めで、ランナーにハイギヤーkit(マロッシ)だけ入れないと・・・。
125ベースのギヤ比なんで100km越えると結構高回転数・・・。
アクセル間違うと焼き付きます。
なので、高速巡航用にしないと加速は若干鈍るけどその分パワーあるし。
そしたら、筑波も楽々行けるし!(往復160km)
高速120km/h巡航okだそうです。
(そんなに出しませんが・・・)

そして、仲間とのツーリング(峠)もok。
DUCATIにもビューエルにもテク次第では十分について行けるでしょう!
でもって、街乗りもキビキビとok!
駐車スペースも気にしなくて良い!
車格はビクスクに比べたら本当に小さいです。
そんでもって、これから始めようとしている”新たな趣味”にもドンピシャです!!

あっ、それと友人のエース君がランナーを購入するみたいです。
早く買おうぜい!付き合います。。
2stの180ccだそうです!!嬉しい!
”ちゃた〜ず”のステッカー貼ろうぜい!
箱根で鬼バンクなエースとY隊長。。
浮かぶなぁ・・・。


※チャンバーは峠に一度行ったらノーマルマフラーにします。
はい、多分。
結局ショップの方に聞くと、皆様ノーマルにしているようです。
そういう特異なスクーターノウハウは餅屋は餅屋。
やはり専門店ですね。

さて、ランナーは大切に長く乗ります。
だって、絶版内燃機関(2st)だし、スタイルがかっこよいし、スリム、軽い、都内は最速でしょう。
でもって、所有欲あり、真っ直ぐを乗っても楽しい、高速巡航もok、積載量もある。
峠でスイッチ入れたら、ビックマシンのミラーにロックオン十分に可能。

そんなミラクルマシン!!
マジで私の欲望に合ったマシンです!

あぁ、最近の規制されたバイク達。
いくら雑誌等のインプレッションで「良い良い」と雑誌で書いてありますが・・・。
私、無理だなぁ・・・。
CBR250Rを試乗したら3分で戻りました。
ノーパッション。

バイクって、跨ってみて、走って、アクセルを開けて、曲がって、バイクのパッションに人間がシンクロして、そして高揚する。

それが私の考えるバイクです。

昔のバイクにはそれがたくさんあるんですね。

勉強になります。

DUATIもランナーも、スタイル!!

やはり大事にしたいのは価値観です。

Y隊長
2011.04.13 Wednesday

ランナーパーツ




こりゃ楽しそ〜だ。

以下は、ある方のHPからコピー。

マロッシパーツ代表格

●マロッシ マルチバリエータ

俗に言うプーリーキットですね。加速装置がセットになって売っています。
簡単に言うと、スクーターの加速はこいつのお陰で自動的に行われてますが、普段はノホホンとした人がギアチェンジしていたのを、走り屋さんみたいな人がギアチェンしてくれるので加速がよくなります。加速はいいんですが、エンジン回転数も上がるので燃費は下がる傾向に・・・。でも、いいですよ。コレ。それなりに耐久性もあるわけで。

●マロッシ トルクドライバー
マルチバリエータみたいなプーリーたちの一つだと思って下さい。
これはクラッチ側につくプーリー。
再加速が非常に良くなります。

●マロッシ デルタクラッチ
プーリーのように変速担当があれば、
クラッチを担当する部署もケース内に存在します。半クラのタイミング〜ミートタイミングまで細かくセッティング出来る上、軽く出来てます。

●マロッシ ハイギア
最高速が伸びます。
でも、ノーマルに装着しても加速かったるく意味ないかも。

●マロッシRS24リアサス

リアのサスペンションですね。プリロードはもちろんダンパーも調整可能。

●マロッシ ボアアップキット
エンジンチューンの王道ボアアップ。
排気量自体大きくすっぺ〜っていうことです。

●マロッシ 強化ベルト
バイクで言うチェーンです。
大体10000〜15000キロまで切れないとは言われてますが、
オーナーの乗り方や慣らしなどで変動します。ベルト切れたら1センチも走れないんで要チェックポイント。

●マロッシ ブレーキパッド
純正より全然効きがよろしいです。
2ストランナーのリアブレーキと一緒。だからパッドも一緒。

●マロッシ ウェーヴディスク
ディスクの冷却効率アップ、パッドのクリーニングなど、
結構この花びらデザイン効果もあるんです。


以上

段々分かってきました。奥が深いです。

1.変速とクラッチの調整=加速性能
これが、マルチバリエーター(俗に言うプーリーやウェイトローラー等がSETになったもの)とデルタクラッチなんですね。

2.ボアアップとキャブとチャンバー=パワー

1.と2.で、そもそもノーマルで速いランナーが、別の生き物になるそーです。

Y隊長
2011.04.13 Wednesday

ランナーカップ



ヨーロッパではランナーカップは、レース登竜門として有名らしくて、セテ・ジベルノーもカップの出身らしいです。上の写真もカッコ良いです。ヘルメットがSUOMYのブラックフラワーな所が素敵です。私と同じです(^-^)/

あんなにバンクできるんですね。完全に脛スッてます…


さて、昨晩は久々の休みでした。ずっと楽しみにしていた「アイルトン・セナ音速の彼方に」
を見ました。

泣きました。

絶対見るべきです。

モータースポーツの難しさ、政治と金と利権にセナが翻弄されて行く様がリアルに描かれています。

ドライバーズミーティングの映像は必見。セナの真っ直ぐさに感動します。

最後にセナが一番楽しかった思い出を聞かれた際に、「カート時代だった」と答えました。F1ではなかったのですね…

「純粋にレースを楽しめた、そこには、金も政治も利権もなく…」と…

考えさせられました。

セナが亡くなった以降、安全委員会があらゆる対策を講じて死亡者はいなくなったそうです。

もっと早く行われていたら…

とにかく、映像からも1990年前後のF1のバトルは凄まじい。今みても鳥肌が立ちます。ライバルとのガチンコバトル。ピットでオーバーテイクする今のF1とは別世界です。コラムシフトなんて無くて、電子制御無い中でのバトル。セナは本当に神が見えていたのかもしれませんね。

しかし、一方で安全性も大切。

バイクもそうです。

サンデーレースであってもリスクは何ら変わりませんから。

しかし、私はどのスポーツよりもモータースポーツに感動してしまいます。

生死をかけて、一番でゴールする事に情熱と人生をかける。

しかし、このDVDで新たな側面を垣間見れた気がします。

セナやシューマッハやロッシ…

皆、翻弄されながらも勝ち得た栄光なんですね。

逆に、趣味で純粋にサーキットを走れて、レースができる私は実は一番幸せなのかも知れないと思いました。

趣味だから素敵な事ってありますからね。

Y隊長