ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シーズンINに際して… | main | 新生ジレラランナー >>
2011.04.23 Saturday

筑波走行 2011/4/22

天候 晴(9時)
気温10℃
路面温度20℃
冷間空気圧 F1.7 R1.65
タイヤ F120 R150

1走行18〜20LAPでガソリン4L
燃費は10km/h!!すばらしいです。。


テクニック課題:

.屮譟璽をもっと奥に
 →まだまだブレーキポイントが早い。もっとブレーキする。エンブレじゃなくブレーキで車速を制御する。もっと奥にいける。心の安心のために目線を先に!目線命。

▲轡侫肇瀬Ε
 →ブレーキしてからシフトダウンの順番。シフトダウンが早すぎる。
   オーバーレブ気味・・・。マシンにもダメ。
   それから減速時のフロントフォークの”ぎくしゃく”を無くす。
   滑らかな減速操作が必要。
   フロントタイヤに加重がまだまだかかっていない。
   同じラインを通りながらも、ブレーキを奥にする意識。

フロントタイヤを潰している感覚をもっと感じる。

ぅ船А璽鵑鯆イ襪里魄媼嬰に早く。早くアクセルに意識。
 →師匠いわく、「そうしないと逆に怖いはず。安定しないからアクセルをアケて車体を落ち着かせる。慣性で後半まで曲がるのは怖いはずです」と。
  ココ難しい・・・。
  全日本ライダー(大木選手を見ると)1ヘヤのコーナー半分くらいから当ててますね。
  とにかくゆったりなライディングで流れがスムーズ。

ゥ▲セルに任せてアクセルワークで車体を起こす。
 →このイメージが今日掴めました!!
  まったく今までと違う感触を得ました。
  鍵は、”脱力脱出!!”今までハイサイドを恐れて体がカチンコチンでした。
  力まず息を吐いて、ダラッとしてチェーンを張ってからアクセルをスルッとあけたら軽くバイクが起き上がりました。吐く息のはき方とアクセラレーションをシンクロしたら上手くいった。



コース課題:

●ポジティブ
1コーナーの突っ込み、ダンロップの倒しこみ、最終アプローチ。
結構いけるようになりました。
全ては目線でした。なんだかんだで一番大事。
ダンロップは顕著でいつも見ているところを見ると2段階バンク、先の先を見ると一気にパタン。
最終はもっと、コーナーの先を見ると安心して飛び込めます。70mでブレーキそのまま50m看板では一気に倒しこみ、バンキング。ココが軽い!
最終のコーナーリングスピードはST600の選手よりも少し速い位でした。
タイヤが細いのですごい滑らかに曲がります。
一度、最終のブレーキングポイントでイン側の選手権の若手が飛び込んできて、ビビッてインにつけず大外にはらみました。

「やべ・・・。スーパー冷汗」

ブレーキを握りながらもかけすぎず、視線は右に、右に、視界にグラベルが見えますが耐える。その状況で体を脱力、強張らずに旋回させます、するとどうでしょう?グリグリグリと曲がり出し、アウトから同じ速度で曲がる事ができました。
そのまま立ち上がって、ホームストレートでモロ離されますが、頑張れば1コーナーで入れるか??という事がありました。
これはアドバンスの実戦でありそうなバトルですね!
水冷との違いは、走行ラインの違いとコーナーリングスピードの速さ、逆にそれこそがアドバンテージですからね。


●ネガティブ
・CXの立ち上がり、アクセルがまるでつかない…ということはもっと早く開けられるはず。左に切り替えした瞬間に「パコン!」とアクセル全開でも大丈夫そう。1098では考えられない事実ですが・・・。

・最終立ち上がり、アクセルがまるでつかない…もっと早く開けられる。
あるいは、コーナーリング速度をさらに乗せる。
 ↑ココは徐々に早く開けて行けてます。飛び込んで速度が落ちないようアクセルを開け増しして、パーシャルに。この時点ではまだ膝摺っていますが、ココから多分目線をホームストレートのはるか前方にして、カツンと全開、それこそアクセルでバイクを起こす感じでokなんだと思います!
しかし、ここでの「カツン!」は1098ではありえない事実なので、体がビビッてアクセルオープンがメンタル的に遅れてしまいます・・・。意識的に開けていくようにしないとまだだめ・・・。


・2ヘヤの攻略は課題山積。空走しないスキルを身につける。何もしない状況が長い。もっと早く開けられるはず。アクセルでバイクを立てる。スラロームのあのアクセラレーションと同じです。

以上をクリアできたらコーナーの脱出速度が上がり、その後のストレートの伸びが変わり、タイムは2秒くらい縮む気がしています。
(気がしているだけですが・・・。)

それでやっと、5秒フラット・・・。

後1ヵ月半・・・。

いけるかな?

豊田さんや西田さんが話される、「M696で3秒はイケる。」
って一体どういう世界なんでしょうか?
昨日の西田代表との話はテンション上がりましたよ!
それは次の記事で!

消耗品
タイヤを新品にします。120/160
オイルも交換します。

多分、今回が今までで一番タイヤを使い切ったかも・・・。
溝無くても案外いけるんですね!!

Y隊長

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック