ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< A出版社 | main | さぁ、第1戦に向けて! >>
2012.02.04 Saturday

2012の発表会を悩む

2012の発表会を考えないと!!

っという最中にビックニュース!!

今年はなんと筑波TT併催の”DUCATICUP”が中止だそうです!!

そんな残酷な事実が発表されたそうな。(そのためにMevoを購入されたhamaさん可愛そう…)

DJはどうすんでしょう??

相変わらずマーケティングの戦略が見えない…。

ディーラーとサーキットの溝が益々空くな…。

っという事で、急遽どのレースに出るか考えないとなりません。

今年こそ、M696普及活動の意味を込めて、なんとか出場を狙っていたのですが…。

しょうがありません。

気持ちを切り替えて、2012年の発表会(レース)をどうするか?

よく考えていきたいと思います。

まず、M696で出場できるカテゴリ探しからです。(DUCATIは結構出れるレースが少ないです)

MFJならば、筑波TT

MCFAJならば、MAX

ですかね。。

---------------------------------------
では、MFJの方から。。

筑波TTの日程は確定しているみたいです。(やっぱりDUCATICUP無しは悲しいですね)

今年は、

・7/1

・9/15

※2012年3月のレースは、MFJのライセンスが2011年度じゃないと出れないのでアウト。

普通、DUCATIなら、NT1(ノーマルツイン)に出るのが定石です。。

DUCATI乗りの皆様のほとんどが、DUCATICUPを卒業するとNT1に雪崩れ込みます。

(私みたいにDUCATICUPで頑張りすぎてNT1の出場権利を剥奪された人間もいますが…)

「やっぱり、NT1かなぁ?」と、筑波のHPを調べていたら、、

「あれ?なんだこれ?」

面白そうなカテゴリを発見!!

その名も

NM = normal Middle-bike(NM)

※説明抜粋
390cc〜740ccまでの4サイクルエンジンを持つマシンで争われるこのクラスは、600ccのスーパースポーツが中心となっている。
熟成されたマシンが多くレベルの拮抗した熱いバトルが繰り広げられおり、地方選手権ST600クラスの登竜門的存在。卒業基準タイムは1'04.000となり卒業者は上級クラスに招待される。

1.参加車両
390cc以上740cc以下の4サイクルエンジンを有する車両。
気筒数の制限はない

2.改造範囲
筑波ツーリスト・トロフィー共通車両規定<基本仕様>および
<ノーマルクラスの改造範囲>に準ずる。

3.特別規定
後記卒業規定が適用される。
卒業基準タイム:1‘04.000
卒業制度に該当した場合は、筑波選手権TC600・ST600に自動昇格となります。
※TC600・ST600への昇格(参加)は車両規定の合致が条件となります。

こりゃすげぇ〜す。

条件が、【390cc〜740cc】 & 【気筒数制限無し】 !!

DUCATIで出場と考えると、M696だけが唯一出れるジャン!!(古いのとか除いて)

勿論、水冷の748Rでも749Rでは出れないし、M796でも出れない。

この制限はDUCATI排除命令か??


しかし、DUCATIで唯一出れるのはM696ですよっ!!(激笑)

っという事で、過去のエントリーリストをすかさずチェック!!

「おっ!混走じゃない!!独立したカテゴリぃだぁ〜!!」

でも出場は全部インラインフォーの4発です。(ほぼ国産)

しかもタイムは4秒台で競っている。

これはMOTO2並に面白そう。

M696で参加は認められるのか?

唯一の問題はココだけ。

-----------------------------------------
7.ステアリングステム・トップブリッジ
ステアリングステム・トップブリッジ等ステアリング関連部品の
変更は不可。但し、必要でないステー類のカットは可。ダストシ
ールの取り外しは可。スタビライザーでの補強は可。

-----------------------------------------

早速toyoさんに相談してみよう!!

ふむふむ。

※出場費用
・MFJライセンス取得費
 11,850円
・筑波TTエントリーフィー(1レース)
 20,000円

-------------------------------------------
で、こっちは何でもありのMAXです。

ライセンスは、MCFAJ

筑波サーキットの開催日は

・4/15

・9/30

・11/25

の3回です。

勿論カテゴリは、”MAX4”

説明の必要が無いカテゴリです。

要はなんでもあり。

タイムによるカテゴリ分けだけです。

MAX7以下のカテゴリなら空冷・水冷のカテゴリ分けがあるけど、MAX4以上は全部混走です。

ってか、MAX4はあのSUPERMAX(頂点)との混走なんです。。

周りは鬼速バイクだらけです。

M696みたいな非力バイクだととても恐ろしいのです…(涙)

(ってか周囲の方こそ、「M696ウザイ」となる予想ですが…)

※出場費用

・MCFAJライセンス取得費
 12,000円
・MAXエントリーフィー(1レース)
 27,500円

------------------------------------

まとめると、

第1戦 4/15(MAX4)
第2戦 7/1(筑波TT NM)
第3戦 9/15(筑波TT NM)
第4戦 9/30(MAX4)
第5戦 11/25(MAX4)


となりますね。

全ての卒業基準タイムが、1'04.000ってのが素敵です。

まさに、M6PJミッションコンプリート(筑波で3秒台)のためにある感じですね。

さぁ、toyoさんに相談だ!!

今年は発表会にも積極的に参加しまぁ〜〜す!!

Y隊長

コメント
D cup 2012 中止は確定じょうほうでしょうかー? どうしよう。。。
  • 通りがかりのもんですー
  • 2012.02.06 Monday 03:03
通りすがりさんへ

ディーラーのブログでこう発表されていますからね・・・。

http://www.ducati-kawasaki.com/blog/?p=3042

しょうがないですね。

可能性として他を考えましょう!

DUCATICUPはディーラー主体のコントロールは無理ですよ。

DUACTIサンデーレース常連のユーザー達の意見を聞いた方が良いと思いますよ。

残念です。
  • Y隊長
  • 2012.02.06 Monday 16:53
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック