ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< M696のレースカテゴリとレース戦法 | main | 筑波走行3回目 8,556km(3秒まで後1,444km以内) >>
2012.02.06 Monday

M696のすすめ!!

じゃぁ〜〜ん!!

↓チタンフルエキ(最終型)


↓ケツがヤバイ・・・。



↓この絶妙な取り回し。



フルエキ詳細 D;REX

改めてにこの画像を見て思うのですが一言で

「かっこよい!!」

自画自賛ですけど。。

DUCATI社に送りたいくらいです。。

---------------------------------

しかし、このM696ですが、車体のセッティングが絶妙です。

車高、フロント・リヤサス(バネ・オイル粘度)、筑波バトル仕様です。

前回の走行でも思いましたが、やはりサーキット走行はポジションが何にもまして優先&重要。

その観点からいうと、このシートの効力が絶大です。(しかもノーマルシートを取り外すだけで、すぐにそのまま載せ変えられる優れもの)

ステップとハンドルについては、もう一段階熟成が必要です。

ベビーフェースも悪くないです。
今のセパハンモドキも悪くないです。

でも、欲をいうなら、D;REX製のスペシャルにしたいところです。

ステップは特にさらに上げたい。

ダンロップで擦ります。

---------------------------------

ココから注目ですよ!!

タイムマシンがあるなら、猛烈に3年前の私に向かっていいたいです。

そして、これからDUCATIを買おうとしている人、サーキットにいずれは行きたいと思っている人に最大限伝えたいです。

最高のコストパフォーマンスでライディンクスキルが上達し、楽しくてしょうがないDUCATIらしさを十二分に味わえる(水冷DUCAよりも)方法があるんです。


絶対のお勧めです。

もしも信じていただけるのであれば、だまされたと思って以下のこのようにしてください。

1.中古の程度の良いM696を買ってきます。(走行距離少なめ)

【ファミリー走行(ビギナー〜中級) 第一段階】

ここでは、

2.D;REXスペシャル整備(これで全ての公道時代の垢を落します。油脂類も全交換:エンジン以外は新車よりも素敵です。この整備はレース界のプロしか出来ません)
3.NEWタイヤ(ライフの長いものtoyoさん選定)

で十分走行可能です。

【ファミリー走行(上級) 第2段階】

ここで、少し走りの質を上げていきます。
私的には、早期に下記をお勧めしたいです。
ノーマルは車体が低すぎる。
やはりなんといってもポジション優先です。

4.D;REXステップ
5.D;REXハンドル(逆にして付け替えます:バーハンですがセパハンスタイル(効果覿面です。安い!))
6.M696の車高UP(とてもイージーでできちゃいます)

これで走りが見違えるはずです。
攻められます。


【スポーツ走行(A枠) 第3段階】

さぁ、いよいよ筑波スポーツ走行です。
この段階ではいやおう無く下記が必要(サーキットルールにてしょうがないです)

7.D;REXゼッケンプレート(全ての保安部品外し)
8.Nモータース製アンダーカウル(オイル受け必需品)
9.D;REXシート(ナンバーを外すついでにさらにポジションを決める)
10.ハイグリップタイヤ(ディアブロスーパーコルサ 120/160)

第3段階まで来ている人は、ハマった人ですからね(笑)
費用もここからかかりますよぉ。(水冷の1/5位ですが…)

そして欲をいえば、ここでサスペンションにD;REXのM696筑波走行スペシャルセッティングを施したいです。

11.D;REX車体セッティング(前後サス仕様変更(純正ベースだからコストパフォーマンス素敵すぎます))

ここまでで、基本操作を間違わなければ、誰でも筑波で7秒〜8秒アベレージで走れます。

バッチリキマります。

【スポーツ走行(B枠) 最終段階】

さぁ、最終段階です。

ココからは、こだわりましょう。

12.D;REXマフラー(サブコン付)
13.D;REXトップブリッジ+セパハン
14.セミラジアルポンプ(1198純正用:安くヤフオクに出ています)

これで直線の速度は増すし、ポジションがMAX決まります。
ブレーキ感覚も絶妙です。

これで目指すは筑波で3秒!!

最終総合経費
車体と全ての経費で120万でいけるはずです。

筑波が最高に楽しく走れて、マシンの全開を引き出せて、人間も上達して、頑張れば筑波で3秒入るポテンシャルを持つバイク(私でも4秒は出た)

120万円で製作できます。

そしてかっこよいスタイルがある!!

価値観ですが、こっち側に最短で安く来るならありですよ!

「では、何にお金をかけるかって?」

「タイヤとオイル代でしょう!!」

そこがスタイルです!!

新車のDUCATI買って、水冷買って、サーキットで楽しむなら、こっちが素敵。

って、3年前の私に伝えたいっす(涙)

乗れば分かるのです。

そう、乗ればハマれるのです。このM696という選択が。

乗らねば私も分からなかった。

っということで、D;REXさんではM696のサーキット用の試乗車を考えているようですよ。

ヤバイですねぇ〜。。

これ乗ったら、皆さんハマるの確約しますよ!!(笑)

冗談ではなく真面目です!

Y隊長

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック