ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 練習時間 | main | で、課題は?(笑) >>
2012.08.15 Wednesday

課題復習


妄想というくらいのイメトレ開始です!!

まずは課題のおさらいから。。

難しさを忘れすぎています・・・。

はいはい・・・。だから面白のですよね!

しっかし、こんなに課題あったんだよな・・・。(汗)



2012/2/8(27回目)のレーシングノートの記載から、抜粋

1.タイヤの潰しが足りない

2.もっと遠心力で”グワッ!!”

3.体の位置が前になってしまっている。っという事は、フロントタイヤのGが足りずそれをかばっている証左。

4.ブリッピング禁!!(何回目か!!怒!!)

5.バイクにシーソー(前後感)を感じていいが、体はそのまま(以前、”意識は前、but体はココ”というイメージもありました)

6.体が前方内側につんのめるのは無くなった 動かない。バイク任せ。

7.目線遠く、1コーナーと最終コーナーは特に。。鉄板!!



----------------------------------------------------------
2012/1/27(26回目)のレーシングノートの記載から、抜粋

【この日、人生初の逆シフトにチャレンジ】

1.ブリッピングしない!!  2個目のシフトダウンが引っかかり感あり

2.シフトダウンはまとめてコーナーの奥で片付ける ”バンッバンッ!”っという感じ。

3.吹けきり対策(ホームストレート ロング方向か?)

4.バイクを起こした状態でのシフトダウンではなく、”スクッ”っとバンク(倒しこみ)させがらのシフトダウンのマスター必要



----------------------------------------------------------
2012/1/13(25回目)のレーシングノートの記載から、抜粋

1.ブリッピングは絶対無し → スリッパーを信じよう!

2.シフトダウンが早い → まとめて奥でシフトダウン

3.(減速+遠心力)Gを感じるZONEをいかに作り出せるか?=曲がる力の源という考え方

4.3.のためには安定した軸のあるライディングポジションがBASE → 体制 → (足+ニー)グリップの重要性の再認識

5.コーナーリングスピードUP=ブレーキポイントを奥に
                  =早くバイクを倒す
                  =ブレーキのかけ方(右指のブレーキ入力の圧力推移)



----------------------------------------------------------
2011/11/24(24回目)のレーシングノートの記載から、抜粋

1.体をイン側に入れてしまう=せっかくバイクがバンクする方向を止めてしまう
                  バイクは勝手に曲がるから、安心して体は待つ

2.ブレーキ入力推移 → ギュッっと握って、薄く抜く。。



----------------------------------------------------------

2011/10/19(23回目)のレーシングノートの記載から、抜粋

1.体をいれずに最終コーナーにつく 体をイン側に入れない! 冷静に熱くならない!!

2.”バイクお先にどうぞ!”の威力を信じる それやれば、バイクは超曲がりますから!!

3.体をバイクについていかせる動作はその後で!



----------------------------------------------------------

2011/10/14(22回目)のレーシングノートの記載から、抜粋

1.バンク角もっといける! 何がバンク角を妨げているか?なんで今のバンク角なの?
                   目線、恐怖心
                →ワンテンポ早くバイクを寝かす動作へ!=コーナーは手前から始まっている!

2.体が先に行ってしまう…。 → 気持ちは前に、体は後に!



----------------------------------------------------------

2011/10/14(22回目)以前のコメントから抜粋

1.バイクが倒れるまで 待つ → 人間の意識は先、but体は先に行かない!バイクが寝るまで待つ。

2.Fタイヤ、Rタイヤ、シーソーを感じる。

3.「グリップエンドをゼブラにぶつける!」イメージでカットイン、外足は踏ん張る、(ニー+足)グリップ

4.意識、目線は前に前に!遠くに遠くに!!

5.コーナーリングスピードをもっと速く!

6.ダンロップのカットイン。ゼブラに斜めに早くつく、最終コーナーのアプローチイメージ。ゼブラめがけてカットイン!

7.先、先、を脳が考える。思考の先回り、「その瞬間何を考えているか?」意識を前に前に!脳を使え!

8.最終コーナーもっと早くアクセルを開けられる。軽排気量のアクセルの継ぎ足し感忘れずに!S字も奥までアクセル全開でok=1ヘヤもったいない、ダンロップでハラんでしまう。CXの開け方もタルイ・・・。外足荷重(ステップを踏む!)、コーナーリングスピードもっと速くいける。

9.最終コーナーのラインコンパクトに!膨らみすぎない。


10.1コーナー、裏ストレート左端まで使い切る。キッチリやるとことは全部キッチリと100%でやる。手を抜かない。目線先、ダンロップ一気に!!

11.立ち上がり、体でバイクを起こさない。必ずアクセルで起こす。ブリッピングなし!

12.コーナーはもっと手前から始まっている(特に2ヘヤ)


【M696ブレーキングポイント参考 】

1コーナー:芝の切れ目

1ヘヤ:S字、1個目と2個目の真ん中まで全開

2ヘヤ:左高速の左側のゼブラがまっすぐになる先まで全開

最終:75mまでフセル。 カットインバンキング(バイク先にどうぞ)〜ブレーキ(薄くかける)ここで50m看板!〜”スコンッ!!”って感じの速いバンキングしながらの1段シフトダウン


Y隊長
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック