ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こ・こ・・これは・・・。 | main | 当月予約無理ぃ〜… >>
2012.08.17 Friday

1回目 (2012.8.17)

そういえば、前回の走行は2012年2月8日…。

6ヶ月と10日振りの筑波サーキットです。

感慨もひとしお、五感全てで懐かしいです。

↓ゲートに入る前の緊張感。




↓あぁ、久しぶり!!半年振りの対面のモンロク君でっす!!




↓この後ろ姿が懐かしい!!



↓このマフラーかっくいいーー!
まだ、入れてからほとんど走っていないし!!





↓角度を変えて。





さぁ、続いて、問題箇所の2つです。

↓純正のフロントサス(このサスでサーキット走行には限界があります・・・メンタル的にこのサスは信用が無いので、そもそも攻められない。出来る範囲の調整はしたのですがね・・・。これで3秒は・・・。)



↓これも同じ・・・。
オーリンズにしたいですね。まずは、ライダーがそれなりのコーナーリングスピードで攻めていける安心感を得たいです。



上記2つはパーツ変更により課題クリアしていきます。

それと最後は、やはりステップ位置。

攻めて行くと、1ヘヤとダンロップで擦りそうです。

toyoさんに依頼中です。(10月中旬完成予定)

レースには間に合いませんね(涙)

---------------------------

さぁ、肝心の走行ですが。。


A枠を後悔。

やはり久々といっても、M696の7秒近辺のペースでは、周囲との速度差で危険があります。

お互いに。

そこで、クリアを見つけて、その合間を縫うように走りました。

前に接近したら無理に抜かずに、ペースを落として、クリアを見つけて周回。

この繰り返しでした。

でも、7秒。。

なかなかokですね!

タイヤは5時間使用済。

無理は禁物です。

久々の走行なので、テンパらないようにしましたが大丈夫でしたね。

次からはB枠で走らせてもらいます。

不思議なもので、体が覚えていました。

バイク先にどうぞ

遠心力

S字の感覚

フロントタイヤの潰れ感

そして、課題もなんとかクリア。

ブリッピングなし、コーナー奥でのシフトダウン、目線etc

気分は上々です!!

toyoさんからは、

・バイクと体のシンクロ率がまだ低い事。

・最終コーナーでバイクよりも体が先に入ってしまったこと。


この2点を指摘されました。

自覚ありです。


ゆっくりと取り戻していきますね。


「まずは、今回も楽しく走らないと。」

それから、toyoさんのM696が完成する事を願ってやみません。

その結果、念願のランデブー教習が実行できます。

同じバイクでランデブー教習ができる価値。

これは相当の値打ちですよ!!

どのロガー解析やうんちくよりも素敵です。

同じサーキット時間で、同じスペックのマシン2台、しかも前後で学べるなんて、そんなスペシャルな事例ありませんよ。

大抵は水冷と空冷とか、空冷でもパワーバイクであるとか?

そういう事が多いですからね。

今のサーキット走行で一番の楽しみというか、希望はこの時間です!!

それが全ての期待です!!

映像撮ってみたり、DDAを比較したり、アドバイスを受けたり…!!

「あぁ、楽しみすぎるぅ〜!!」

っということで、


次の走行は、26日(日)か31日(金)です。

ユックリと楽しんでいきます!!

サーフィンはUNREALに!

サーキットはメローに楽しく!!

が今のテーマです。





※追記

体が激変しているようです。
あの気温(35度オーバー)でも息が上がりません。
これまで、夏の走行では死ぬ危険を感じた記憶もあります。
勿論、暑いのですが、許容できます。
暑熱環境に体が慣れているのでしょう。

そして、何よりも体が動くし、疲れないし、バランス感が研ぎ澄まされる。

サーフィンで心肺能力とバランス力が相当向上している事が実感できました。

別のスポーツを同時平行でしているからこそこういう気づきが出来ますね

しっかし、バリバリでしたよん!

(だって、その後に夕方の海を目指してサーフィンに行ったのですから(笑)それが証左です。)

筑波走行3回目 8,556km(3秒まで後1,444km以内)

Y隊長
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック