ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.04.12 Tuesday

(株)ベスパさん

(株)ベスパ さんに行って来ました。

myランナーをより良い状態にするために相談に行きました。

お店は、紅の豚のポルコが出てきそうな、夢膨らむレトロな雰囲気です。
一見ガラクタの山に見えてもおそらくは入手困難な貴重なパーツなんでしょう。
たくさんの骨董品が所狭しと鎮座しています。
3階建てで、2Fがメンテナンススペースです。

2名のメカニックでやっていらっしゃいました。

僕の担当はベスパでレースをやっておられるチーフエンジニアのkメカです。

彼のレース映像をユーチューブ見ましたが、かなり激しい・・・。

かなり速いですね。

(ちゃんとバイクさん(スクーターさん(笑))お先にどうぞテクもやっていましたよ!)

さて、前評判通り当然ジレラランナーには詳しいお店です。

というか、店にはお客さんの6台のジレラランナーがありました。

やはり皆様、困って困って、最後に頼る所はこういう所なんでしょうね。

全部綺麗な車両ばかりでオーナーさんの愛情が伝わります。

2st も 4stも。

中でもカリッカリのランナーは一見の価値アリでした。

やはりスクーターといえどもオーラがありますね。

その他には、かわいい年代モノのベスパや見たことの無いスクーター、最新のデルビなど、全てお洒落で伊達なイタスク達です!

イタスク最高!!イタオヤジ最高!

テンションが上がります。

学生時代に乗っていたType1(ビートル)でお世話になっていた「ビーハウス」というビートル専門shopの雰囲気に似ていて、メカニックさんには職人の匂いがプンプンしました。


実車を見ながら、一つ一つ確認しながら、私の心配な事も相談しながら進めていきます。

全ては基本整備がメインです。

安心して街乗りから峠まで乗れる仕様にする事が今回の目的です。

また、専門店ならではのノウハウからランナーのウィークポイントを前もって是正しておきたかったという目的もあります。

いずれにせよ、myランナーは新車から6年近く使用していなかった走行1,000km少々の車両なので油脂類・ワイヤー類は死んでいる前提です。

その前提で油脂類やワイヤー類を全部交換します。

・油脂・消耗品類交換、グリスアップ
2stオイル入れ替え、クーラント入れ替え、ブレーキフールド前後入れ替え、マロッシFRブレーキパッド交換(純正はダメダメです・・・交換するとかなり効くらしいです。定番箇所)、念のためベルト交換

・修理
マロッシF32Sサスペンションのオイル漏れが気になるのでこれはオーバーホール。

・追加設定
プーリー、強化スプリング(スタートダッシュの定番だそうです)安いので・・・。

その他、ランナー持病のエンジンマウントのガタやヘッドからの冷却水漏れの対策、その他必要な修理項目、やっておいたほうが良い部位も全部洗い出して、綺麗にしておきます。。

いうなれば、新車状態に戻します。

改めて他のランナーを見る機会はそうそう無かったので、他の車両などは大変参考になりました。

マロッシパーツであふれかえっている車両。

ビックキャブ車やフェンダーレスは当たり前。

マロッシCDIやブレンボキャリパーも素敵ですね。

まずは、利便性や快適性を考えてヘッドライトはHIDに、ETCはもちろん、ミラーもお洒落さんにしたいですね。フェンダーレスは絶対です!CDIも始動性が上がるならトライしたいですね。

ボアアップに対する吸排気系はokなはずです。

駆動系は、今回のプーリーと強化スプリングで見違えるそうです。

デルタクラッチやマルチバリエーターはさらに加速がほしいときに取っておきます。

スタートダッシュはいいけど、扱いにくさにつながっていくそうです。

バイクはバランスですからね。

その後にします。

しっかし、コレだけで同排気量の4stに比較して、恐ろしいほど速いしキビキビしていてすり抜けも素晴らしい。

都内最速、目立ち度最高!

「あのスクーターなんじゃ??」という優越感で走れます。。

今日は春の陽気の中、高樹町から箱崎(浜町)まで首都高を走りました。千鳥が淵が綺麗だった。。

普通にツーリングな感じでもちろん法廷速度で走っていても、軽くて、吹け上がりが気持ちが良く、アクセルオン・オフが相当楽しいバイクです。

コーナーも安定していて、シックリ来ます。

ランナーはライダーがその気になればその気にさせてくれる粋なスクーター(バイク)です。

今の時代、エコに反するバイクではありますが、その分他のところでバランスさせないと。

さてさて、バイク乗りのほとんどが2stの快感と恍惚感を懐かしむ理由がなんとなく分かってきました。

アクセルオン・オフだけで、気持ちよくて、その音と振動と軽さでバイクを楽しめるのって純粋で凄い。。エンブレの感覚がヤバイです。エンブレはほとんど無いですが、その音とか空走感が素敵。

っというか、私のバイクライフは全部DUCATI-4STツイン、2stと真逆に位置する雰囲気のバイクです。

しかし、バイクをもっと知る上でも2stのフィーリングを知っておく事は無駄では無いと思いました。

専門店((株)ベスパさん)だからランナーパーツも潤沢で消耗品や必要パーツもあり、ノウハウも積み上げているそうです。

早く調律されたリアルランナー君に乗るのが楽しみです。

今後も(株)ベスパさんにお願いできれば、メンテナンスを定期的にしっかり実施していきます。

やはり、故障が無いようにランナー君を楽しみたいですね。

車両的には、10年前のバイクになるのでしょうけれども、DUCATIで考えれば916系等は現役バリバリですからね。

まだまだいけるぜランナーちゃん!!

この春は峠を走ろうぜい!!

Y隊長
2010.12.12 Sunday

箱根

 今朝ほど頑張って早起きしてシェイクダウンに行って参りました。

結論は、過去に乗ったマシン中、峠においては最高のベストバランスでした。

箱根・芦ノ湖スカイライン、あれくらいのコースがあっています。

今まで色々なマシンであそこを走りましたが、過去一番の快走ができました。

ジレラランナー・・・。

もやはスクーターではありませんね・・・。

エンジン、車体、そのバランスが最高です。

いうなれば、キャサリンみたい。

ライダーの攻め気も最高潮に達します。

本当に、人間もマシンも高次元で同化できました。

要するに大事な事はバランスですね。

ビックバイクは、峠では危険なスペックですし、持て余します。

しかし、このジレラランナーこそは峠でちょうどぴったりのマシンなんです。

それが分かりました。

速いバイクが今日もたくさん走っていました。

コーナーが見える休憩所で観察していると色々な事が見えてきます。

それは、もっとこうすればよいのにという事です。

「コーナーで減速しすぎで、加重が逃げてもったいない」

「凄い寝かしてるけど、前後の荷重が抜けている(パーシャル)」

「早く開けすぎ・・・」

いつもサーキットで見ていたので、峠走りの危険さが分かります。

マシンとライダーが楽しく対話しながら協働しているサーキットにいるようなマシンはいませんでした。

「もったいないなぁ・・・。サーキットくればもっと面白のになぁ・・・」

そう思いながらピストンしながら課題をイメージして走っていました。

その後、大観山で休憩しようと駐車したら、数名の国産4発ビックバイクに乗っていらっしゃるイケイケ風のつなぎライダーのグループに囲まれました。

ヤスチ「さっきはすみませんでした・・・」

つなぎの人「いえいえ、ずっと仲間で話していたんですよ、さっきの何だ?って」

(この何だ?の走行はオフレコにします(汗。。。またブログ中止になるのでぇ〜)

ヤスチ「えっ??いやぁ、車重が軽いのでこのスクーターはコーナーリングスピードが高くても安定するみたいですね。」

つなぎの人「しかも、そんなジーパンにダウンジャケットにスニーカーって・・・」

ヤスチ「いヤァ、今日はシェイクダウンだったもので・・・」

つなぎの人「コーナーの進入、脱出が我々とは別次元です・・・悔しいぃ〜」

ヤスチ「そうですかね?でもたったの176ccなのにコレ速いですよ!!」

つなぎの人「・・・・」

ヤスチ「どうしました?」

つなぎの人達「俺たちいつも一体何をやっていたのだろうね?ビックバイクでつなぎで決めて・・・。馬力勝負とかパワーがあれば凄い的な発想で・・・。176ccに負けるとは・・・。」

ヤスチ「でも、サーキットだったら絶対に負けますよ」

つなぎの人「サーキットで走っているのですか?」

ヤスチ「いえ、今年はまったく・・・」

つなぎの人「メチャメチャ興味があるので行きたいなぁ」

ヤスチ「行くときはD;REXさんをたよってくださーーい!!そこに全ての答えがありますよ!」


とだけ言い残して帰りました。

やはり、峠=原点回帰は必要ですね。

久しぶりにバイクに乗って楽しめました。(スクーターだけど・・・)

峠で走るのは、それはそれで節度を守れば面白い!

でも、やっぱりマージンはかなりあるし、やはり一般道は無理は禁物。

そんな176ccのスクーター(25馬力前後??)でもマージンを取る状況なのに、あんなスーパーバイクで、200PS近くのパワーを公道では試せません・・・。

ってか、それもまた面白くなくなる・・・。

昔感じた矛盾を改めて感じました。

バイクが可愛そう・・・。

伊豆スカではやはり事故が多いと聞きます。

2輪は走行出来なく恐れがあると・・・。

しかし、今日お会いした”つなぎ隊”のような熱い方々は峠に多いはず。

でも、もし峠が閉鎖になったらどこにいくのでしょうか?

さらに閉鎖的になっていく。

もっと皆がサーキットに来たら盛り上がるのに。

そう思いました。

そして、バイクもライダーも思いっきり楽しい空間・・・。

そして安全性。

それが高次元でバランスしている事こそが大切と分かるはず。

そうすると、峠で飛ばすことは無意味ですよね。

どちらかというと、ライディングスキル向上のための確認作業ですね。

サーキットにいけないときの・・・。

今日は、峠でも十分課題の練習は出来ることも分かりました。

スクーターは右手(アクセル・ブレーキ)だけに全神経を集中できるので本当に勉強になります。

左手は峠での課題練習の時は絶対に使いません!!

冷静にバイクの挙動を堪能してきました。

本当に楽しかったです。

すばらしいスクーターです。ジレラランナー。

この車両なら、また、峠がヤミツキになりそう・・・。

そしたら、後はでっかいツーリングバイクかぁ・・・。

何がいいかな?

ヤスチ
2010.12.09 Thursday

ランナー祝納車?

本日納車されました。

toyo師匠お忙しいところありがとうございました。

前後サス、チャンバーもバッチしでした。しかし、圧倒的に速くなりました。そして滑らかに。キャブのオーバーホールが効いたみたいですよ。

いやぁ、本当に速いので危険性はかなり高いですね。チタンチャンバーのおかげで車重もかなり軽くなりました。





サスが変わり、車体がかなり低くなりいい感じです。

師匠から、オイルポンプの調整とエアスクリューの調整を学びました。

その他、アイドル調整、チョーク、サスのイニシャル、減衰の場所も知りました。残ストセンサーもバッチしです。週末にハイグリップタイヤにチェンジしてきまぁーすp(^_^)q

ヤスチ
2010.12.04 Saturday

GILERA RUNNER(改)

 いやぁ、完成したそうです。ランナーちゃん!!

連絡がきました。

これで、ハイパーな公道マシンの完成です。

フロンとリヤサスともに攻められる仕様です。

そして、チャンバーの雰囲気も確かめたい!!

なんと、取り付けについての加工やキャブ分解洗浄、オイルポンプ等も見てくれたようで、本当に感謝です。

これから、オイルポンプ調整、キャブセッティングを学びます。

その辺の知識が無いと2STは乗れませんからね。
そして、季節毎のSETも必要ですからね。

もう、無くなってしまった機構のエンジンだからこそ、楽しみたいと思います。

1098SPができるまで、箱根の山で修行してきます!!


↓来年からDUCATIですね。
 モデルとしても、バレンティーノ=ロッシはカッチョ良いです!こんなにかっこよくて世界最強の生きるレジェンドライダー。神様は不平等です(笑)

IMG_3540.jpg


↓でも、こんなバレも好きですね!!
IMG_7496.jpg
あれは確かにウンチングスタイルだわぁ・・・

ヤスチ
2010.12.01 Wednesday

ジレラランナー 詳細

ジレラランナーの改造箇所を書いておきます。

車体
ジレラランナー125最終輸入最終バージョン(走行700km新同)

以下、改造パーツ

マロッシ製
172cc シリンダーkit
FS32S フロントサスペンション
RS24 リヤサスペンション

ミクニ製
フラット24 キャブレター

ストラトス製
フルチタンチャンバー

これで、定価40万(ーー;)

なんと、車体価格込みで考えるとM696より高いのです。

都内最速イタスクは、意外と高くつきました(ToT)/~~~

後は、タイヤをハイグリップに替えてブレーキ強化です。キャリパーをブレンボにして、ディスクを大径化して終わりです。

車体とエンジンが高い次元でバランスしてるとよいのですが。

箱根を流すのが楽しみです(^_^)

これ以上は、ライダーのテクニックでカバーですね。

ヤスチ